忍者ブログ
[15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5
『008』予告編
<
新作『008』12/7(土)より新宿K's cinemaにて劇場公開!
『ロックアウト』予告編
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[05/14 Yas]
[05/13 ぽりん]
[05/17 Backlinks]
[03/25 Yas]
[03/25 木村香織]
忍者アナライズ
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 遅くなりましたが、21日からNYに来ています。
22日のニューヨーク国際インディペンデント映画祭の授賞式とオープニングナイトでのプロモーションのためです。
左が泊まったホテル
左が泊まったホテル。滞在中半分以上、エレベーターが故障。しかも部屋は6Fだった…

この日の夕方から確保した、会議テーブルより一回り大きなテーブルのブース。自分で白い布を被せて、チラシやポスターなどで飾り付け、予告編を流して、自分の上映をアピールします。

「ロックアウト」のブース
「ロックアウト」のブース。ちなみに後ろの壁にポスターは貼ってはならない!

お客さんや他の映画の関係者がひしめき合う中、来る人来る人に物語説明と上映日時を伝え続けて4時間、ほとんどずっと喋りっ放し、立ちっぱなしでパワー使いまくりで座る暇もないくらいでした。しかし、それだけの人が興味を持ってくれたということなので、やった甲斐がありました。他の人達のプロモーションの工夫も色々と見られて、ためになり、また、面白かったです。


23日は初めてのNYを歩き回り、チェルシーホテルを外から(さすがに高くて泊まれないので…)見たり、その裏のゲイエリアを歩いたり、そのままマディソンスクエアガーデンまで歩いたり、ちょっと観光しました。いや、かなり歩きました。この日は雨が降っていたこともあり、へとへとになり、暴睡しました…
セントラルパーク
セントラルパーク。日曜だけ奇跡的に快晴だった!


24日は、朝から「配給の現実」というタイトルで映画祭のセミナーがありました。インディペンデント映画をどうやって配給会社に売り込むのか、何が必要か、など2時間に渡って、映画祭のディレクターであり、ITNという配給会社を手がけている、スチュワートさんがレクチャーしてくれました。世界各国から来て映画祭に参加している監督やプロデューサーたちも、がんがん質問していました。僕ももちろん、核心に迫る質問もしました。

そのあと、スチュワートさんと色々とお話して、どうやったら作品を売れるのかを色々と聞きました。
映画祭の主催者 スチュアートさんと
映画祭主催者のスチュアートさんと

このあたりで、大きな山が2つ終わったのもあり、昨日の長距離歩き、時差ぼけもあって、夕方にはぐったり。しかし、この日は夜遅くに映画祭の短編を数本見ました。
ミュージックビデオの短編が5本くらい、あとは短編2本。
オーストリアから来ていたマイケルという人の"We Won't Break"という作品がセンスが良くて、将来的にミシェルゴンドリーくらいになりそうな予感がしました。他にも完全にプロレベルといっていいくらいレベルの高いミュージックビデオがあり、曲も知らない人でしたが、音楽もとっても良かったです。知ってる人は知ってるプロのミュージシャンなのでしょう。音楽のセンスもすごく良かったです。

会場の映画館、Village East Cinemaは、シネコンなのですが、このハコのいいのは、音がいい。結構がんがんに音を上げて上映してくれているんですが、低音がガンガン響いて来て、低音も高音もしっかり聞こえる。色々と映画祭ではトラブルがつきものですが、音に関しては大丈夫そうです。

仕上げですごくこだわって音を作り上げただけに、明日の上映は期待大です!



PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
NYその2   *HOME*   記事掲載!
プロフィール
HN:
yas
HP:
性別:
男性
カウンター
ブログ内検索
バーコード
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]