忍者ブログ
[81] [80] [79] [78] [77] [76] [75] [74] [73] [72] [71
『008』予告編
<
新作『008』12/7(土)より新宿K's cinemaにて劇場公開!
『ロックアウト』予告編
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新CM
[05/14 Yas]
[05/13 ぽりん]
[05/17 Backlinks]
[03/25 Yas]
[03/25 木村香織]
忍者アナライズ
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 もうすでに2週間も経ってしまいましたが、『第9地区』の試写に行ってきました!

6b0e3d16.jpeg

南アフリカ出身の新鋭、ニール・ブロムカンプ監督のSF映画で、『ロードオブザリング』のピーター・ジャクソンがプロデュースした、見た目は超大作ですが、ハリウッド的に見ると、”超低予算”。

もちろん、日本に於ける超低予算とはワケが違うのですが…


しかし、この映画、非常に面白い。

大興奮。

役者も監督の友人でプロデューサーをやっている人で、特に有名な人でもない上、他に誰がでているかといっても、誰も知らないばかり。

僕は役者が誰が出ていないと見に行かない、というタイプではないので、全然気にならないのですが、そういうことが気になる人でも、多分、この作品に於いては、気にならないでしょう。


なぜなら、この、全編にあふれる、情熱と覚悟、そしてユーモア。


勢いがすごい。


「これをどうしてもやるんだ!」


という気概が伝わって来て、そして、実は現代の社会風刺や、世界中で起こっている様々な問題を示唆しているストーリー、将来こういったこともあり得るだろう、という設定。


それを、のっけからハイテンションで最後まで見せ切る!


主人公にいつの間にか感情移入して、最後には拳を握りしめているような感覚になる、熱い、人間ドラマがそこにある。


これは、必見です。


僕はあまりSF超大作などは見に行かないのですが、これは、面白い。




グイグイ引っ張られる。


そして、笑える。


映画を見て、滅多に涙しない僕ですが、これにはやられました。



いろんな感情がごっちゃになって、もう、ジャンル映画とはこうなければならない、という垣根を超えているような気がしました。


そして、ニール監督の《覚悟》が全面ににじみ出ていて、それをダイレクトに感じて、胸が熱くなりました。



4/10から公開のようです。


皆さん、是非!


お招きくださった、わたなべりんたろうさん、ありがとうございました!


「第9地区」への僕の応援コメントが掲載されました!

 <「第9地区」応援コメント>
http://district9jp.web.fc2.com/comment.htm
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
yas
HP:
性別:
男性
カウンター
ブログ内検索
バーコード
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]