忍者ブログ
[91] [90] [89] [88] [87] [86] [85] [84] [83] [82] [81
『008』予告編
<
新作『008』12/7(土)より新宿K's cinemaにて劇場公開!
『ロックアウト』予告編
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新CM
[05/14 Yas]
[05/13 ぽりん]
[05/17 Backlinks]
[03/25 Yas]
[03/25 木村香織]
忍者アナライズ
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

9d6f67c9.png


昨日の深夜、ジョン・ランディスの「狼男アメリカン」を見ました。


オープニングが、懐かしく、かつ、やっぱりいいよな〜と感じる、イギリスの気の少ない山々の風景が重ねられて、ゆったり始まります。


そして、あの時代で、あの特殊メイク、凄かった。


特殊メイクは、スターウォーズも手がけていた、リック・ベイカーが担当しているのですが、

これが、カットを割ったり、オーバーラップなど、オプティカル処理などの誤摩化しを一切使わず、ワンカットずつ、ちゃんと狼男になっていく過程を、驚く程リアルに表現していて、「圧巻」の一言。

CGや様々な技術が発達した昨今では、いくらでも方法はありますが、当時は、完全にアナログの、人の手と知恵による、手作業の世界で、いかにリアルに架空のものを生み出すかが勝負、というシビアな状況だったにもかかわらず、今見ても、どうやっているのか、本当に知りたくなる位、良く出来ています。


僕は、普段、絶対ホラーは見ない(と以前、「パラノーマルアクティビティ」の時書きましたが)ので、今までDVDを手に取ることもなかったのですが、これは、ただのホラーではない。


かなり笑える部分も多くあって、えー?!、ここでこういう会話!こんな展開に持っていく?!という、ユーモアがちりばめられていて、とっても楽しめる内容になっています。
(特に映画館のシーン!)

アイデアと、情熱で作られたこの作品のパワーに脱帽しました。

そして、音楽。


狼男=満月で変身


というお決まりの展開にちなんで、使われている曲は、ほとんど、「Moon」にまつわる歌ばかり。

中でも、CCR(クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル)の

"Bad Moon Rising"

はもともと好きな曲でもあり、使い方が良かったです。


あとは、カーアクションシーン。

これは圧巻。


ジョン・ランディス自身も実は車に轢かれる役で、カメオ出演しています。

もとスタントマンだったそうで、見返したら、さすがにうまい。

そして、カークラッシュに対する徹底ぶりに感銘を受けました。


あの場所であんなこと、よくできたなあ、と、ロンドンに去年、行って来たばかりなので、なおさらびっくりしました。(場所は見てのお楽しみです!)

しかも深夜二晩で各2時間ずつで撮ったらしいです。

あれだけの内容を、4時間で撮ること自体、凄すぎです。



ちなみに、英語の原題は


「An American Werewolf in London」


です。


6月にある特殊メイクの人と飲みましょう、と言っているので、お話しするのが楽しみです!








 

 もうひとつ。
この映画は切ないラブストーリーでもあります。

この要素がなければ、この映画の面白さは半減どころか、ただの怖いだけのホラーになってしまいますが、人間ドラマがそこにあるからこそ、面白い。

怖い映画がだめな人でもいけます。

なので、是非!
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
yas
HP:
性別:
男性
カウンター
ブログ内検索
バーコード
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]