忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9
『008』予告編
<
新作『008』12/7(土)より新宿K's cinemaにて劇場公開!
『ロックアウト』予告編
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新CM
[05/14 Yas]
[05/13 ぽりん]
[05/17 Backlinks]
[03/25 Yas]
[03/25 木村香織]
忍者アナライズ
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

19ae248f.png 
 99372152.jpg






















昨年3月に渋谷・アップリンクで大好評を博した『世界インディフィルム決戦』が帰ってきます!

今度はついに大阪です!


『世界インディフィルム決戦』公式サイト


予告編はコチラです!




『世界インディフィルム決戦』

2012年 2/4(土)〜10(金)
大阪 シネ・ヌーヴォXにて




大阪のみなさん、是非ご覧下さい!





 
PR
『ロックアウト』を劇場でご覧になってくださった皆様、



劇場でご覧になれなかった皆様、



興味を持ってくださっている皆様、



そして、すべての方々へ!





ついに『ロックアウト』がDVD化されます!


3/23(金)


全国のTSUTAYA、ゲオなどでレンタル

アマゾンオンラインストアで販売開始です!




脚本執筆から4年余り。
今まで応援してくださった皆様、この場をお借り致しまして、心よりお礼申し上げます。



DVDにはメイキング映像などの特典映像、オーディオコメンタリーも収録されておりますので、是非ご覧下さい!


DVD予約はコチラから↓

c904fbcf.png
389252ee.png

f3c27400.png

 
みなさま、明けましておめでとうございます。

今年も更なる飛躍のため、精進して行こうと思っております。

どうぞ、よろしくお願い致します。


去る11月23日、新潟のシネ・ウインドの26周年パーティーに行ってきました!

会場はホテルの大広間で、シネ・ウインドの会員の皆さんはじめ、沢山の方々がいらっしゃいました。

新潟市長や手塚眞監督までいらっしゃって、盛大なパーティーでした。

この日、上映と舞台挨拶で来ていた、『ピュ〜ぴる』の松永大司監督とピュ〜ぴるさんもいらっしゃっていました。

ピュ〜ぴるさんはご結婚されたばかりだそうで、かわいらしい、縁結びの名刺をいただきました。

そして、なんと旦那さんは、新潟出身の方で、超男前!隣の席のうちの父と意気投合、かなり仲良くしていただいていました。

ピュ〜ぴるさんは八王子ご出身で、シネ・ウインドの支配人・井上さんも八王子ご出身。

『ロックアウト』の主人公も八王子に在住、となんだか、八王子と新潟は縁があるのかなあと不思議な縁を感じました。


パーティーでは、にいがた国際映画祭の方、地元で映画を撮っている方々、にいがた映画塾の方々などとお話ができ、とても映画熱があるお話を聞くことができました。

そして、初めてお会いする手塚眞監督とも少しだけお話をすることができました。

とっても素敵でお洒落で温和な方で、日本の映画界のことについてお話してくださったのですが、

『日本の映画界にはいいところがあって、スタッフは監督を殿様だと思っているので、
スタッフはサムライなんですよ。この主人についていこう、と思ったら徹底的になんでもやるんです』

と、語ってくださり、なるほどそういう捉え方っていいなあと思いました。

89a01b1a.jpeg
左から、松永大司監督、手塚眞監督、僕。


松永大司監督は、手塚監督の映画のメイキングを担当したそうで、その時、黒澤明監督のメイキングを手塚監督が撮っていたころの話を色々と聞けたそうで、なんともうらやましい限りでした。

先日、手塚監督のブログ8mmフィルムの現像があと2年程で終わってしまうと書いてらっしゃいました。

僕は少し齧った程度ですが、やはり、悲しいです。日本では、16mmフィルムでさえ映画学校や映画学科のある大学の生徒さんでもかなり高いコストがかかる上、デジタル化が進んで、フィルムが好きでもなかなか撮ることが困難になってきたという現実があるため、古いものの需要も少なくなって来ており、かなり前から8mmがなくなる言われてきました。


以前、『Falling life』という短編映画を8mmで撮ったことがあり、
その時、カメラマンが16mm用のレンズをテープでくっつけて超長玉(いわゆる望遠)で撮ったり、
シングル8のカメラでどうしてもスーパー8のフィルムを使いたくて、フジのカセットにコダックのフィルムを詰めて撮ったりしていろんなことをアナログで実験的に撮ったりする楽しみが沢山ありました。


デジタルではもっといろんなことが可能ですが、フィルムの質感にはまだ及びません。

そして、いままで35mmをはじめとするフィルムを上映できていた単館系の映画館がこれからどんどんデジタル化を迫られて、生き残って行くのが本当に大変な時代になってきています。

そんな中で、シネ・ウインドさんは常に良質な映画を上映し、会員のみなさんや市民のみなさんのサポートを募って生き抜いて来た映画館であり、その市民感覚に根ざしたスタイルは他に類を見ないものです。

僕も映画を作るものとして、地元新潟で撮影をし、地元の方々に映画への関心をもっと持っていただく一助になればと思っています。



それにしても、食前酒の久保田の萬寿はうまかった〜!

帰りに久保田の社長に久保田・紅寿をいただいてしまいました!

さすが太っ腹!


2次会では高校の先輩方と何人かお会いし、盛り上がりました。



また地元でなにかできるといいなと思った楽しい夜でした!






再度告知です!

 

来る12/22、23の二日間、第25回自主映画フェスティバルにて、

 

『ロックアウト』と『曇天クラッシュ』が名古屋シネマテークさんにて上映されます!

 

 

12/22()

C 14:50~  『曇天クラッシュ』

        『おとこのこ』(松永大司監督)

※高橋の舞台挨拶あります!

 

B 16:20~   『RAFT』(三宅伸行監督)

         『ロックアウト』

園部貴一さん、高橋の舞台挨拶あります!

 

 

12/23()

B 12:3014:10 『RAFT』(三宅伸行監督)

         『ロックアウト』

※舞台挨拶あります!

 

C 19:0020:30 『曇天クラッシュ』

         『おとこのこ』(松永大司監督)

 

 

何でも持って来い!(公募した自主制作映画を上映)

連日 20:30

12/24のみ11:3014:00あり

 

<入場料>

     1プロ     3プロ

      前売  当日   前売  当日

一 般  1200円 1500円 3000円 3300円   

大学生  1200円 1300円 3000円 3300

中高予生         1000

 

『何でも持って来い!  500円均一(一日券)

 

 

 

みなさん、是非いらっしゃってください!

前のページ      次のページ
プロフィール
HN:
yas
HP:
性別:
男性
カウンター
ブログ内検索
バーコード
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]