忍者ブログ
[79] [78] [77] [76] [75] [74] [73] [72] [71] [70] [69
『008』予告編
<
新作『008』12/7(土)より新宿K's cinemaにて劇場公開!
『ロックアウト』予告編
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[05/14 Yas]
[05/13 ぽりん]
[05/17 Backlinks]
[03/25 Yas]
[03/25 木村香織]
忍者アナライズ
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日、おとといの上映会で購入した飯田基晴監督のドキュメンタリー、『あしがらさん』を見ました。(飯田監督は『犬と猫と人間と』の監督でもあります)

72分、ずっとあしがらさんから目が離せないドキュメンタリーでした。

『あしがらさん』は、新宿の家のない方々の中でも3本の指に入る、悲惨な状況の方で、20年以上、路上で暮らしていた人なのですが、その人物を、仲間で2万5千円ずつ出しあって初めて買った、10万円のホームビデオカメラで3年間、撮り続けて完成したドキュメンタリーだそうです。


舞台は2000年くらいの西新宿。当時、家のない方々は新宿駅を中心として600人以上いらっしゃったそうで、その後、火事で多くの方が亡くなられ、駅から退去させられ、いまだ新宿中央公園などで多くの方々が住んでいます。


その中でひときわ有名だったのが、「あしがらさん」と呼ばれる男性で、この方と監督の飯田さんの二人のコミュニケーションから生まれたドキュメンタリーです。


この映画を見たとき、僕はいつか、自分もこうなったらどうするか、自分があしがらさんだったらどうするか、もし、自分の体がこうなったらどうしているか、または将来的に老人になって、こうなった場合、どうするか… などなど、様々なことを考えながら、見入ってしまいました。


そこには、他人の助けや、温かい心に触れる中でもどうしてもあしがらさんがあしがらさんである何かがひっかかって、そこが非常にやるせなく、また、その人にしかない人生の裏側をどうしても知りたくなりますが、あしがらさんはあまり言葉にしない。


どうしてあしがらさんは20年間も路上で生活するはめになったのか、そして、それはどうにかならないものなのか、をずっと、ずっと、見ている間考えざるを得ない映画でした。


とにかく、一度、見ることをお勧めしたいドキュメンタリーです。


とってもチャーミングで憎めない、あしがらさん。

喋り方が独特で、本当に愛らしい。

言っていることも、結構、「えー!さっきまでこういってたのに!」っていうところもあり、笑えます。


そして、それを真っ正面から捉えようとしながらもあしがらさんを次第に好きになって行く飯田監督の愛のある視点と二人の関係性の変化。


見終わった後、僕は笑顔になっていたと思います。


良い映画を見たなあ、そんな気持ちにもなれる映画です。


セリフを少し抜粋。






飯田監督「いい時期とかあったんですか?」


あしがらさん「いい時期なんかまだ来ないよ、これからだよ」






もし機会があれば、是非!


PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
絶対アメリカでも公開して欲しい、というか、するべき。
Emi| URL| 2010/03/25(Thu)23:30:52| 編集
ですね
そうですね。ホームレスの問題は世界共通の問題ですし、いまこそ人間性を取り戻すときだと思うので、そういう意味でも垣根のない映画だと思います。この映画が海外にどうアプローチしたかしないかまではまだ聞いていませんが、機会があったら、今度聞いてみます。
yas| | 2010/03/25(Thu)23:33:41| 編集
無題
絶対アメリカでも公開して欲しい、というか、するべき。
Emi| URL| 2010/03/25(Thu)23:41:32| 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
yas
HP:
性別:
男性
カウンター
ブログ内検索
バーコード
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]